家計簿アプリは節約に役立ちますが、それに伴うリスクも確認しましょう。

家計簿アプリを使って支出を管理する

アナログな家計簿と電卓

無駄な出費を削減するには、支出を管理して分析することが大切です。
家計簿をつけることは節約の基本ですが、手間の大きさがネックになりますよね?

 

最新の家計簿アプリを使えば、レシートの写真を撮るだけなど簡単な作業で支出を管理できます。
クレジットカード払いや口座引き落としの支払い、スマホ決済も自動管理できるサービスが人気で、家計簿はアナログやPCツールではなくスマホアプリを活用するのが主流に変わりました。

 

家計簿アプリでできること

人気の家計簿アプリに付いている機能をまとめました。
利用するアプリ選びのポイントも一緒に紹介いたします。

 

レシート読み取り機能

レシートを読み取っているイメージ

スマホのカメラでレシートを読み取れる家計簿アプリの定番機能です。
アプリによって読み取りできる項目や精度が違うので、公式サイトとレビュー情報をしっかり確認しておきましょう。

 

外部サービスの自動連携機能

銀行口座、クレジットカード、QRコード決済(スマホ決済)などで払った料金が自動的もしくは簡単な操作で家計簿アプリへ反映される機能です。
支払い履歴をネット管理できない電子マネーは、家計簿アプリと自動連携できません。

 

口座やクレジットカードなど大切な情報を伝えることになるので、自動連携機能を活用する際はアプリ提供会社の実績と信頼性を重視して選ぶようにしてください。

 

支出の分析

項目別の支出額や前月比・前年比の分析など。
分析やフィードバック、現在の支出状況の把握をしなければ、家計簿アプリを利用する意味がありません。

 

細かい分析ができるだけではなく、グラフなどを活用した見やすいインターフェイスのアプリが人気です。

 

クラウド同期、バックアップ、共有機能

クラウド同期はPCやタブレットなど複数の端末と同期できる機能です。
複数の端末で管理できればデータのバックアップと分析で役に立ちます。

 

クラウドバックアップがついていれば、機種変更やスマホの紛失、誤ってアプリを削除した場合でもデータが残るので安心です。
共有機能は家族やカップルでデータを共有できるもので、お互いの金銭管理を共有する目的で家計簿アプリを利用する人が増えています。

 

手動入力

手動入力、電卓、個別のデータ削除は必須の機能です。
外部サービスとの自動連携やカメラスキャンによる自動入力機能がついていても、何かあった際に手動入力できないと苦労します。
手間を惜しまない方や節約する意識を高めたい人などが、手動入力だけで家計簿アプリを活用しているケースも多いです。

 

個人情報は悪用されない?

人気のスマホアプリは個人情報の管理体制が万全ですが、少なからず銀行口座やクレジットカードなど連携させた情報の流出リスクがあります。
これまで家計簿アプリから重要な個人情報が流出して悪用された大事件はありませんが、今後も起こらないとは断言できません。

 

銀行口座の情報は、窓口で銀行印と本人確認書類を提示して引き出す場合を除いて暗証番号が分からないと悪用できません。
クレジットカードは万が一第三者に悪用されても、すぐにカード会社へ連絡すれば補償してもらえるケースが多いです。

 

もっともリスクが高いのは盗難など何かしらの理由でスマホが第三者の手に渡り、ロック解除をされてスマホを直接操作される状況です。
家計簿アプリの自動連携機能を活用するかの検討だけではなく、万が一情報流出した際に悪用されない防衛策を徹底しておきましょう。

 

(スマホや財布・スマホカバーに暗証番号のメモを残さない。誕生日など推測されやすいパスワードを使わないなど)

 

操作性が重要

家計簿アプリの操作性にイライラする女性

家計簿アプリで支出を管理するには継続することが重要で、3日坊主で終わってしまう方がたくさんいます。
続ける際に重要なのが操作性で、動作が重いアプリ広告が多すぎるアプリは避けた方がよいです。

 

無料アプリは広告が付いていることが多く、必要に応じて有料アプリの導入を検討するとよいでしょう。
まずは無料でお試し利用して、続けられなかった際は操作性が弊害になっていなかったのか考えるようにしてください。

TOPへ